住所貸しを活用すれば個人情報を守る以外にも、コストダウンが出来るなどメリットが沢山あります。

困った時は住所貸しで課題をクリアできる

住所貸しを活用すれば、仕事をする時に大切な税務手続きや法人登記の手続きもする事が出来ますので大変便利です。

住所貸しの利点ランキング

no.1

個人情報を隠すことが出来る

ネットショップ運営をする時には、必ず事業者の指名や住所を記載しなくてはいけません。住所貸しを活用すれば、個人情報を守ることが出来ます。

no.2

プライベートとビジネスを分ける事が出来る

自宅兼事務所の場合、住所を同一にしているとプライベートと混同しがちですが、住所貸しで分ける事できちんと区別することが出来ます。

no.3

荷物の受け取り制限がない

私書箱と比べますと、住所貸しは受け取りの必要枚数制限が無いので、別途費用が掛かる事もありません。

no.4

法人口座を作ることが出来る

個人ですと当然ですが法人口座を作ることは出来ません。住所貸しで会社を立ち上げれば法人口座を作ることが出来るようになります。

no.5

初期費用を抑える事が出来る

会社を設立するために事務所を用意すると初期費用が高くなりますが、住所貸しであればコストダウンすることが可能です。

社員

広告募集中