住所貸しを活用すれば個人情報を守る以外にも、コストダウンが出来るなどメリットが沢山あります。

困った時は住所貸しで課題をクリアできる

住所貸しを活用すれば、仕事をする時に大切な税務手続きや法人登記の手続きもする事が出来ますので大変便利です。

住所貸しの利点ランキング

no.1

個人情報を隠すことが出来る

ネットショップ運営をする時には、必ず事業者の指名や住所を記載しなくてはいけません。住所貸しを活用すれば、個人情報を守ることが出来ます。

no.2

プライベートとビジネスを分ける事が出来る

自宅兼事務所の場合、住所を同一にしているとプライベートと混同しがちですが、住所貸しで分ける事できちんと区別することが出来ます。

no.3

荷物の受け取り制限がない

私書箱と比べますと、住所貸しは受け取りの必要枚数制限が無いので、別途費用が掛かる事もありません。

no.4

法人口座を作ることが出来る

個人ですと当然ですが法人口座を作ることは出来ません。住所貸しで会社を立ち上げれば法人口座を作ることが出来るようになります。

no.5

初期費用を抑える事が出来る

会社を設立するために事務所を用意すると初期費用が高くなりますが、住所貸しであればコストダウンすることが可能です。

社員

様々なサービスの提供が期待できます

会社によりサービスの有無や内容は異なりますが、ビジネスを成功させるためのサービスを提供している、住所貸しサービス提供会社があります。たとえば、名刺などの印刷物を作ってくれたり、宣伝用の写真を撮ってくれたり、会社のロゴマークを作ってくれたりなどのサービスが提供されています。これらのサービスを提供する人はその道のプロですので、サービス利用価格を上回る利益を自社に与えてくれることでしょう。価格の方も、そこで利益を確保しようとしていない会社もあり、運営会社以外の各サービス提供会社にお願いするより安い場合も少なくないです。通常法人が求められることを自社ができていないと、お客に「この会社との取引は心配だな」なんて思われてしまうこともあります。様々なサービスを受けることで出だしがスムーズになり、早期に経営を安定させたり黒字化させたりすることができる様になると言えます。

料金はサービスの種類などにより異なります

住所貸しサービスを利用した場合、レンタルオフィスとバーチャルオフィス2つの選択肢がありますが、費用の相場の目安は数千円から20万円程度です。ただ、相場といってもレンタルオフィスとバーチャルオフィス利用するのかにより、話しが全く異なってきます。レンタルオフィスだと、たとえば東京の4人用のオフィスだと20万円近くすることもあれば、地方都市では1.7m²を2万円程度の場合もあります。この価格さの大きな原因は物価で、東京などの大きな都市だとやはり家賃が高くなるのでどうして利用料金が高額になります。バーチャルオフィスは、物価の影響をレンタルオフィスと比べて受けにくく、東京でも地方都市でも8千円から9千円で利用できる場合もあります。また利用料金は、郵便や電話の転送サービスを利用するのか、電話代行サービスを利用するのかなどにより価格は異なってきます。

広告募集中